Spa・Hotel・Travel・Celeb・Movie~スパ・ホテル・旅行・セレブ・映画~   



★こちらもオススメ★



★CATEGORIES★



★Recommend★



★WHAT’S NEW★



★HOTEL?★


エクスペディア

ホテルクラブ

Tablet Hotels

アップルワールド

オクトパストラベル

JTB

ヒルトンホテル

一休.com

じゃらん



★Twitter★




★RSS★



★PROFILE★

    旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
【インドのアーユルヴェーダ、モロッコのハマム、メキシコのテマスカルなど海外スパ体験記】【ゴージャスなセレブホテル、ジャマイカ・セントマーチン・キューバのカリビアンビーチリゾート、ラスベガスのカジノリゾート、LA・NY・マイアミ・バルセロナのおしゃれホテル・格安ホテル・いろんなホテル宿泊記】【ハワイ・パリ・オーストラリア海外オプショナルツアー体験談】【ゴールデングローブ授賞式、タイマッサージ留学、インドのウェディングなどユニークな旅行体験記】【アンコールワット、ガウディ世界遺産】【海外お役立ち情報】【セレブのツイッターアカウント、セレブネタ】などを一人クチコミ♪ Twitter LINTNOMADも更新中



★LINK★



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トンレサップ湖
tonlesap12 シェムリアップからトゥクトゥクで
40分くらい?雨季と乾季で大きく
変化するトンレサップ湖に行ってみました。
そこには、湖の上で生活してる人達がいます。
・・・・・・・★全部見る★ 



tonlesap1tonlesap4

シェムリアップのホテルからトゥクトゥクに乗って街から離れると、だんだん景色が変わってきます。掘建て小屋のようなお家が並んでて、既に川の上に建ってるお家も。いろんな国から寄付された井戸もあります。

tonlesap5tonlesap6
tonlesap7tonlesap8

ちゃんとドアじゃないけど目隠しになるものがあるお家もあれば、まる見えでプライバシーのまったくなさそうなお家も。観光客がすごくたくさん通る道なんですが・・・。
湖に近づくにつれ、道路がデコボコで土埃だらけ。
途中インチキくさいけど、一応正規らしいボートのチケットを買う場所があって、一人$25ずつって言われました。これは政府の決められた金額だとか言っちゃって、$10って聞いてたって反論したら、グループは$10だけど2人なら$25ずつって。結局2人でボート一台だし、まっいいかと$15ずつで手を打ちました。上乗せ分?は誰にお金が入るのかわかんないけど、ドライバーにも入るのかも・・・なんだか値切った後、残念そうな顔してたので。もっと粘ったり、人数多いと安くなると思うし、ボートの種類にもよるけど、交渉苦手な人はオプショナルツアーの方が安くつくかもです。ボートの船頭さん?っていうか運転してくれた子は、あのお金は湖で暮らしてる人達にも入るって言ってました。国がボートを貸してくれて、クルーズ料金の一部が援助資金にもなってるそうです。金額が決まってて、ホントに困ってる人の助けになるならいいけど、一部の人だけが儲けてそうです。

tonlesap9tonlesap10

あたし達が乗ったのは左写真の手前にあるようなボートだけど、意外に乗り心地良かったです。団体が乗ってる窮屈そうなボートに出会うと、2人だけでのんびりできてよかったぁ~なんて。ボートの運転手の男の子は18くらいだったと思うけど、ガイドのように細かく説明してくれました。
彼の英語がカンボジアで会った誰よりも完璧な英語だったんで、船なんか漕いでないでガイドとかホテルで働けばいいのに・・・って言うと、まだ学生だからって。遊び人で英語が上手い訳じゃなく、ほんとに勉強してそうな子でした(笑)

tonlesap13tonlesap14

水上に住んでる人は、ベトナムからの移住民の一帯と、カンボジア人の一帯にわかれてます。カンボジアの一帯の方がマシな船?というか家が多いです。アンテナがあるお家はテレビもあるし、漁業で儲けてるお宅もなかにはあるそうです。

tonlesap11tonlesap20

湖で暮らす人の為に、生活に必要な施設も湖の上にあります。左は日本の寄付でできた小学校。湖の水位で場所は移動するそうです。右は教会で、病院などもあります。雨季になると陸の上に住まいを変えるそうだけど、不思議な光景。

tonlesap15tonlesap16
tonlesap17tonlesap18

お店のような船もあるし、どこの家も鍋が多いのはナゾ・・・。洗濯も食器洗うのも、身体洗うのも全部湖の水です。おトイレも?・・・想像したくないけど。カフェ・オ・レではなく、コーヒー牛乳色というのがぴったりな色をした水。あたしはここの泥を使ったであろう、スゴイ匂いの泥パックを前日にしたので、昨日と一緒の匂い・・・ってデジャ・ブ(笑)

tonlesap19tonlesap12

途中休憩所みたいなトコがあって、レストランやおみやげ売ってたり、今は湖にいないワニもいました。
湖では、小さい子供が船やたらいを漕いで、何か売りに来たりもします。ここでも、おかしをもっと持ってきたらよかったなって思いました。日本だったら、知らない人からもらった物は、食べちゃいけません!・・・だけど。お菓子って、もらうとうれしいですよね?たまにマズイのも・・・(笑) あたしがもらった一番マズイお菓子は、オランダの黒いリコリス。アンモニア味なのに、オランダ人は大好きらしい。

tonlesap22tonlesap23

乾季で琵琶湖の7倍弱、雨季になると面積がその3倍にもなるトンレサップは、湖じゃなく海のようです。この地区は漁業で生活してる人がほとんどで、1キロあたりの漁獲量は世界一。ただ違法漁業や雨季に浸水する林の伐採で、年々魚の数が減ってるそうです。
何年かしてカンボジアの人の生活も豊かになれば、この光景も変わってくるんでしょうね・・・

トンレサップ?泥パックをしたアンコール・ヴィレッジ・リゾートのスパの記事はこちら
シンタマニの地域サポート・チャリティーの記事はこちら
夜のアンコールワット・ライトアップの記事はこちら

   セーブ・ザ・チルドレン 子どもたちのための国際援助団体
  



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。