Spa・Hotel・Travel・Celeb・Movie~スパ・ホテル・旅行・セレブ・映画~   



★こちらもオススメ★



★CATEGORIES★



★Recommend★



★WHAT’S NEW★



★HOTEL?★


エクスペディア

ホテルクラブ

Tablet Hotels

アップルワールド

オクトパストラベル

JTB

ヒルトンホテル

一休.com

じゃらん



★Twitter★




★RSS★



★PROFILE★

    旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
【インドのアーユルヴェーダ、モロッコのハマム、メキシコのテマスカルなど海外スパ体験記】【ゴージャスなセレブホテル、ジャマイカ・セントマーチン・キューバのカリビアンビーチリゾート、ラスベガスのカジノリゾート、LA・NY・マイアミ・バルセロナのおしゃれホテル・格安ホテル・いろんなホテル宿泊記】【ハワイ・パリ・オーストラリア海外オプショナルツアー体験談】【ゴールデングローブ授賞式、タイマッサージ留学、インドのウェディングなどユニークな旅行体験記】【アンコールワット、ガウディ世界遺産】【海外お役立ち情報】【セレブのツイッターアカウント、セレブネタ】などを一人クチコミ♪ Twitter LINTNOMADも更新中



★LINK★



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サグラダ・ファミリア
sagradafamilia1
ガウディ最大の作品
サグラダ・ファミリア聖堂(Temple de la Sagrada Familia)
完成済みの、生誕のファサードと地下礼拝堂は
世界遺産にも登録されてます。
・・・・・・・★全部見る★



サグラダファミリア教会

          sagradafamilia1

あたしの「死ぬまでに行くとこリスト」の上位にランクされてた、サグラダ・ファミリア。
あたしだけじゃなく、一度は行ってみたい・・・って思ってる人も多いと思うけど、ついに行ってきました♪
テレビや写真では見てたけど、実際目の前にすると、「何じゃこりゃ!」状態(笑)
何でこんな細かい作業ができるんだろ?とか、そりゃ200年かかるだろ!とか、感動と同時につっこみがいのある建物で、想像以上にびっくり。

       sagradafamilia2     sagradafamilia3

最初、夕方に行ったんだけど、あまりにも人が並んでたんで、翌朝出直すことに。
左は生誕のファサードで、現在団体入口はここから。個人は右写真の受難のファサード側から入ります。

 sagradafamilia4   sagradafamilia5

苦しい顔ばっかのとこを見たら、ここは受難のとこだな・・・って。
受難のファサードは日が沈む西を向いてるので、夕方はちょうど西陽がさしてました。
イエス・キリストの生涯最後の日々を表してるので、ちょっと悲しくなります。
左の写真、下段一番左はガウディへのオマージュとして、福音者の顔のモデルにガウディの写真を使ったそうです。右の写真はキリストの昇天。売店でサグラダ・ファミリアのビジュアルガイド買ったんだけど、それすごく詳しくて、先に買ってそれ見ながらまわればよかった・・・
着いたら即売店走ってビジュアル・ガイド買って、鐘楼のエレベーターに並ぶのをオススメします。
あたしはこの本持って、もう一回行こうと思ってます(笑)

       sagradafamilia6      sagradafamilia7

       sagradafamilia8      sagradafamilia9

   sagradafamilia11  sagradafamilia10

中に入ると、スゴイんだけど工事現場に来たみたい・・・いや工事現場なんだけど。(笑)
完成後の人が少ない時に、来てみたいな。200年かかるって言われてたけど、2020年くらいに工事修了見込みらしいので、完成後にも来れそう♪
樹木のように枝分かれした形の柱や、丸天井は殉教のシンボルのシュロの葉になってたりと、巨大な神秘の森のイメージです。ガウディが「教会は瞑想の場所だから、強すぎる照明では落ち着かない気分になってしまう。」と、森の木々の間から光が差し込むような、照明設計にしたそうです

       sagradafamilia35   sagradafamilia37

12本ある鐘楼は生誕・受難・栄光の3つのファサードに各4本ずつあって、イエスの12使徒にささげられたものです。2ヶ所のエレベーターから登ることができるんだけど、けっこう並びます。窓のひさしが斜めになってるのは、鐘の音が市全体で聞こえるように、ガウディが計算して作ったみたいで、そんな事まで考えてたんだぁ!って。ただこんな事は、家帰ってビジュアルガイドゆっくり見てからわかった事で、最初からいろんな事わかってたら、また見方も変わっただろうな・・・って。
行く前ってけっこうガイドブックとかも、さらっと見てるだけでスグ忘れちゃうし(笑)

sagradafamilia36sagradafamilia21

内部の空洞は鐘の設置の為に残されてて、音響効果が最もいい位置に60個ほどの鐘が吊らされることになってます。螺旋階段はバルコニーの高さまで続いてて、そこから先は外壁にはりつくように上ってます。
巻貝の断面図のように、ガウディはここでも自然を表現。降りる時は階段なんだけど、これがぐるぐるまわって気分悪くなっちゃうんで、途中で休憩しながら降りました。

     sagradafamilia12  sagradafamilia13

     sagradafamilia14  sagradafamilia15

途中でところどころ、顔をのぞかせるような場所があるので、一生懸命写真を撮るんだけど、降りていくうちにもっとちゃんと撮れる場所に出たりして、気付いたら葡萄の写真だらけ(笑)
聖体のシンボルとして、パンの小麦や葡萄酒のブドウ、イチジク・リンゴ・サクランボなどは聖霊が地上に撒く果実を表してるそうです。

     sagradafamilia30   sagradafamilia31

ピナクルの先端にある紋章は表に黄金の十字架、裏にはそれぞれが象徴する使徒の頭文字。
ピナクルは司教のシンボル、司教冠・牧杖・指輪を表現してて、ヴェネツィアのムラーノ島のモザイクガラスを使ってるそう。贅沢~☆~

sagradafamilia16sagradafamilia17

「Sanctus Sanctus Sanctus」(聖なるかな・・・)の文字は、父と子と聖霊にささげたもの。
「父にささげられた最初のSanctusは太陽のごとく黄色に、聖霊にささげられた二番目は橙色に、子にささげられた三番目は殉教者の典礼の色である深紅に。橙色の聖霊が、黄色と深紅の混じり合ったものとして、父と子を結びつける。この文字を読む者たちは、聖なるかな・・・とつぶやき、聖なる三位一体への讃歌を歌うことになるだろう」とガウディは語ってたそうです。

     sagradafamilia19    sagradafamilia20

聖女ホアキナ・デ・ベドゥルナ、聖ヨハネ・ボスコ。大窓の上には、修道会を創設した聖人10人の像が、取り付けられます。もう10人分あったのかもしれませんが、あたしが見たのは3人くらい。

sagradafamilia18教会建設現場で働く労働者や、近隣の子供たちのために、ガウディが自腹で建てた学校。 
内戦で被害を受けたけど、移動時に修復され本来の姿に戻ったそうです。
コルビュジェが影響を受けたのも納得の外観。
波型の屋根は、雨水が両側に流れ落ちるしかけにもなってて、見た目だけではありません。
今は「ガウディの仕事場」と名付けられた展示が行われてるみたいなんだけど、時間なくて入らずじまい・・・



sagradafamilia22  sagradafamilia38
 生誕のファサード希望の門。イエスの幼少期を表してて、一番左はエジプトへの逃避。ヘロデ王の兵士からイエスが殺されるのを恐れて、聖家族がエジプトに逃れる様子の彫刻。
エジプトで撮った右のとは、エライ違い(笑)   どっちも好きですが・・・

sagradafamilia24     sagradafamilia25

イエスの柱と門、マリアとヨセフに見守られているイエスの生誕。
右は愛徳の門、聖母マリアに冠を授けるキリスト。

sagradafamilia26sagradafamilia23

左、神殿で説教するイエス、それを崇拝と驚嘆の混じった表情で見つめるヨセフとマリア。その隣は働くイエス。生誕のファサードの3つの門は、大きなシュロの木をした柱で2つに分かれてます。

sagradafamilia27
イエスの誕生を告げる、ブロンズのラッパを吹く天使たち。
生誕のファサードは、ネスカフェのCMでおなじみ、日本人彫刻家の外尾悦郎さんの作品も。
2005年には世界遺産に登録されました。
ほんとうに細かくて見事で圧倒されます。




     sagradafamilia28   sagradafamilia29

生命の木にあるJHSという文字は、イエスのアナグラム。清めの香炉を持つ天使達に包まれてます。ピナクルの頂上は、ギリシャ語の神の頭文字T、十字架、聖霊を表すハトで聖三位一体を表してます。
丈夫な木材と常に緑の葉を持つ、糸杉の木は永遠の命の象徴。

    sagradafamilia32   sagradafamilia33

ロザリオの門、外尾さんが初めて手がけたのが、ここ。
右写真は何じゃこれ?と思って撮った写真。悪魔が当時アナーキストが使ってた爆弾を、労働者に渡してる、男への誘惑を表したもの。怪獣に食べられてるのかと思ってました(笑)

  sagradafamilia34

もうとにかく、スゴイ!の連発でした。 家に帰ってから本で詳しく見ると、ひとつひとつの物に深い深い意味があるのも知って、改めて感動しまくり。 学生の時とかに、スペインに来てたらヤバかったです。
カン違いして、あたしもアーティストになる!とか言い出してたはず(笑)
この後ダリにも行って、さらにカン違い創作意欲が倍増・・・
あたしの友達にもスペイン放浪してた絵描きや、知り合いのミュージシャンがいたんだけど、ある種の人には、何か作らなきゃ!って刺激を受ける国なんでしょうね。
サグラダ・ファミリアには少なくてもあと2回は行ってみたいし、できたら完成後、鐘の鳴り響く街に住んでみたいな・・・♪

サグラダ・ファミリアHP
http://www.sagradafamilia.org/



テーマ:スペイン - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント
りんとさ~ん、感動しました♪

そして改めてサグラダ・ファミリアとガウディ思い出していました。
ビジュアル・ガイド良さそうですね・・・
私も行く前に頭に入れておこうと思っていたことが多いけれど
実際は帰ってきてから分かったことも多いです。
やっぱり行った後の方がすんなり頭に入ります(苦笑)
そしてガウディの色々な思いがココに載せられていることにホントに感動~☆
次に行ったら、もっとちゃんとガッツリ見るゾ!

エジプトへの逃避、のファザード彫刻写真とエジプトで撮った写真の比較がGOODです!
【2008/03/16 02:33】 URL | voodoo #-[ 編集]

いやほんと着いてから、voodooさんの忘れたこととっても後悔したんですよ!

ガイドブックってそこまで詳しく載ってないし、ツアーじゃないから説明も聞けないし・・・
といっても、プライベートガイドじゃない限りツアーでも同じかも。
次に行ったら、もう少し理解しながら見れるから、もっと感動するかもしれないですね。

エジプト、同じ事を表してるのに、全然違うでしょ?(笑)
いろいろ行ったら繋がってくるので、おもしろいですね♪
【2008/03/16 02:50】 URL | りんと #-[ 編集]

りんとさん♪

フンデルトヴァッサーいまいち?ということで
せっかくだから♪コチラにトラックバック送ってみたけれど・・・
届いてますか~v-222
【2008/03/18 02:40】 URL | voodoo #-[ 編集]

Voodooさん、きてないです。
なんでかな?
【2008/03/18 02:52】 URL | りんと #-[ 編集]

りんとさん、
今また2回トライしたんだけどダメかも?
夜も気付いていたんだけど私のトラックバック送信リストに挙がらないんです・・。
なんでだろう~?
普通のブログに送ったのはこれが初めてなんだけど・・・
原因分からず(涙)
とりあえずURLの方に入れておきました~!
【2008/03/18 20:22】 URL | voodoo #-[ 編集]

ごめんなさい・・・あたしもわかりません。
また調べてみますね。
【2008/03/19 02:26】 URL | りんと #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。